かれた谷の喪ウシカ

「風の谷のナウシカ」に憧れていたけど、なれなかった主婦(33)のブログ。夢は王蟲の飼育。

日帰り温泉に行く

久々に母と祖母と会い、日帰り温泉に行きました。

祖母と母のいる家には、電車を使わず車で向かいましたETCカードも買ったけど、時間があるなら地道を走るのが好き。休憩しつつ片道約2時間半かかりました。休憩で立ち寄った道の駅で、お土産も購入できました。

地元食材を使ったスイーツや、美味しそうなお惣菜、母に食べさせいと思った果物のポポー、祖母が大好きなイチジクなど。つい、いっぱい買っちゃった。お小遣いの範囲だけどね

f:id:mousicaa:20200930114224j:plain

稲穂や彼岸花が咲く光景を眺め運転するって楽しい!

 

祖母が自分の体力に自信がないというので、祖母の家から日帰り温泉まで車で行きました。軽自動車は座席が固いので、母が買ってくれたクッションが大活躍。

 

温泉は祖母も母も大喜びでした。特に、お出かけらしい外出をほとんどしていない祖母は、美人湯でツヤツヤになっていました。丸々と太った祖母・母・孫3人、露天風呂で体を伸ばしました。

 

温泉入浴後は、併設のお食事処でランチ。母と祖母は、お刺身御膳。私は焼肉御膳をいただきました。食事中は美人湯の温泉水も飲むことができます。クセのある味。内側から美人になるかなー?

 

祖父が元気だったころ、祖母と二人ドライブを楽しんでいたそうです。「車でお出かけするのが好きなの」と、車ではしゃいでいた祖母の姿が嬉しかった。「あんたの運転でおでかけなんてね~」と助手席で笑う母をみて、ちょっと親孝行できたかなって気がした。

 

小さい時は、母の期待に応えられない事ばかりで、自分はダメ人間だって思っていた。自信がなかった。早く親元を離れたいって思ってた。18歳から地元を離れた。なのに社会人になって母や祖母と出かける事が増えた。祖父や父の介護や葬儀、家の処分も、さっさと地元を離れた私なのに率先して動いていた。結婚してからも母と祖母に連絡することが多い。不思議だな。

 

これが大人になったってことなのかな。

父親に激似の老け顔も、30歳すぎたら年相応になってきたような気もします。

 

自尊心を削られるようで、あんなに会いたくなかったのに。今は「あとどれくらい祖母と母といられるのか」って考えてしまう。

 

 

 

 お題「ささやかな幸せ」

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村