かれた谷の喪ウシカ

「風の谷のナウシカ」に憧れていたけど、なれなかった主婦(33)のブログ。夢は王蟲の飼育。

マウント女子会が怖い

f:id:mousicaa:20200804135931j:plain

幽霊や心霊現象は怖いと感じません。人の方が怖いです。

死んだ後に何にもないって思うより幽霊や天国が存在する世界の方が、私にとっては生きやすい。幽霊の祟り?っていうものだって、幽霊側からすれば「肝試しだー」なんていって人間たちが幽霊たちの生活圏にズカズカ入り込んできたら怒って当然です

 

だから「それ、普通の顔して言えるのすごい」「人間って怖い」と思ったマウント女子会の一言3つを紹介!

 

3位「私が喪ウシカさんなら、惨めで死んじゃいますぅ」

(会社の忘年会にて、後輩女子社員の一言)

普段はほとんど話したことのない女性社員同士の女子会。

「喪ウシカさんって休日なにしているんですか?」

「彼氏もいない、趣味もない、お金もない…うわキツ~」

「私が喪ウシカさんの人生なら、耐えられないと思うわ」

「惨めすぎるわぁ~。何が楽しくて生きてるんですか?」

という、後輩女子社員からの怒涛の質問に涙目に……。

 

2位「喪ウシカさんの彼氏、経験人数1人で可哀想~」

(大学後輩女子の結婚祝い。先輩女子たちの一言)

久々に会った大学の同じ学科の女子会で。私に彼氏ができたという話になり、私も調子に乗って報告してしまった。先輩女子たちのマウント心を刺激してしまいました。

「喪ウシカさんも彼氏さんも経験人数1人で結婚か~」

「それって人生損してない?彼氏さん、不憫すぎる~」

「男で経験人数1人じゃ、後から浮気や風俗に走りそう」

「分かる~!喪ウシカさん、このままじゃ捨てられるよ」

「これ悪口じゃないから!勘違いしないでね、人生の先輩としてのアドバイスだから!」

…家に帰って泣きました。

 

1位「喪ウシカさんに合いそうな彼氏、考えてあげる!」

(授業ノート貸したお礼女子会。大学同期たちの一言)

彼氏いない歴=年齢の私は授業以外大学図書館で過ごす、素敵な喪女生活を送っていました。周囲の学生たちも教室の最前列に座る私はいない者扱いしてくれてたけど試験前だけノート貸してって声かけられがちでした。お礼に一緒にランチしよー!って誘われた女子会で彼氏作れ話に…。

「喪ウシカさん今まで彼氏いたことないの~?」

「大学生なのに勿体ないよ!作った方が良いよ!」

「私たちが考えてあげる」mixiで記事にするよ」

「聴講のオジサン、喪ウシカさんと話が合いそう」

って話が広がり。ランチ中の挙動不審な私の写メ&「喪ウシカが男に飢えてる」情報が拡散されました。また聴講のオジサン(生ゴミ臭がする学内で嫌われてた人)に好意を持っていると噂されて。生ゴミ臭オジサンに勘違いされ、付きまとわれ学生課のお世話になりました。

 

以上、恐怖したマウント女子会での一言でした(^_-)-☆

女子会の会話のボールはテンポよく回っていくので、素人の私がモタモタすると「会話の調子が狂うわ~」って攻撃的な会話ボールが集中的にぶつけられるんです。

喪友達同士のんびりした女子会は大好きですけど、私のことを見下したり軽んじたりする人とは辛い。

元喪女仲間である既婚子持ちの友人は、今からママ友女子会におびえています

 

嫌味の一つ言えるようになれば戦えるかもしれないけど。チベットスナギツネのような視線を送り、作り笑顔でやりすごしています。

私は、同じ土俵に立たない。

私は、誰かを見下したりしない。

それが、元喪女としての私の生き方だと信じる。

本当は怖くて仕方がないんですけどね(笑。

 

今週のお題「怖い話」

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村